サイトの説明|宝くじ購入代行 JNAS(ジェナス)

宝くじ購入代行サービスを始めてご利用の方へ。インターネットを利用し、自宅にいながら高額当選が多数出る全国の有名宝くじ売場で販売される宝くじを購入できるサービスです。2000年創業、信頼と実績のジェナス宝くじ購入代行サービス!

JNAS宝くじ購入代行 サイトの説明
宝くじ購入代行事業の「許認可申請」は、愛媛県警本部→愛媛県総務部財政課→自治省財政局地方債課(現総務省)に対して確認しており、事業内容の合法性についてもしっかりと法的確認をしています。
※JNASの「宝くじ購入代行サービス」は、法務省にて事業許可を受け、法人として事業を行っております。

以下は、当社の事業内容が法律に抵触していないことを示すものです。

刑法第187条:1~3項  富籤罪「発売・取次・授受」について
【発売】
  • 当社は宝くじの発売はいたしません。
  • 「第1項:発売」には抵触していません。
  • 許可なしには、何人も富籤(宝くじ)を発売できません。
【取次】
  • 取次とは、発売者の為に売買の周旋を成す事であります。
  • 当社は発売者のために周旋を成す事は致しません。あくまでも購入者のための購入を代行するのみです。
  • 一見、代行事業とは取次に抵触するかのような錯覚を覚えますが、刑法での取次とは「発売の取次」と明確に明記してあります。当社は「第2項:取次」にも抵触していません。
  • 取次をしているのは宝くじの販売を受諾しているみずほ銀行等になります。(一部の信金・郵便局等も含む)

    ※現在、受諾銀行などは「当せん金付証票法」第6条2項により合法化されています。(他の法律の規定にかからわず)

【授受】
  • 授受とは、発売・取次以外の所有権移転行為を指します。
  • 当社は本人より購入代金を預かり、本人に代わり購入に行くだけです。本人が購入に行くのと同じことです。(あくまで購入代行です。)そのため、宝くじは購入時より注文者に所有権があり、宝くじの所有権の移転行為は一切ありません。当社は「第3条:授受」にも抵触していません。
「当せん金付証票法」第6条7項「転売」について
※刑法187条3項の「授受」の内容にも相当。(所有権移転行為は禁止=宝くじ転売の禁止)
当社の代行事業は「転売」に抵触していません。
  • 当社の「代行」とは本人に代わって物事を行う行為であって、お客様の代わりに購入行為をするだけです。そのため宝くじの所有権移転行為は一切ありません。よって「宝くじ購入代行」は「転売」には該当しません。
  • 「購入代行」が「転売」に抵触するならば、本人が東京・大阪に行って宝くじを購入する行為も、「転売」とみなされ「違法」となり「罪」となります。しかし、そんなことはありませんから、ご安心ください。
購入代金を立替えて購入した場合には、宝くじの所有権が一時的に変わる為、転売となり違法となります。(立替え購入はできません。)
※宝くじ券にも、「宝くじは転売できません。」と表示されています。
参考 「当せん金付証票法」 第18条(罰則)
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S23/S23HO144.html
宝くじを「転売」したものは、10年以下の懲役又は100万円以下の罰金となります。

抵触(ていしょく):法に触れること
周旋 (しゅうせん):たちめぐること

以上を持ちまして、皆様には当社のサービスを安心してご利用いただきたく存じます。

最後まで御精読いただき、ありがとうございました。

有限会社ジェナス 会長 神原 孝夫

PageTop

Copyright © 2000- JNAS Co., LTD. All Rights Reserved.