ジェナス会員様の御多幸を願い「金刀比羅宮参拝」(2018年初詣)を実施致しました。

宝くじ購入代行サービスを始めてご利用の方へ。インターネットを利用し、自宅にいながら高額当選が多数出る全国の有名宝くじ売場で販売される宝くじを購入できるサービスです。2000年創業、信頼と実績のジェナス宝くじ購入代行サービス!


人生一度はこんぴらさん、金刀比羅宮(ことひらぐう)参拝(2018年1月5日:初詣)

讃岐のこんぴらさんの名で親しまれている金刀比羅宮(ことひらぐう) は、琴平山(象頭山)の中腹に鎮まります。明治維新の神仏分離・廃仏毀釈が実施される以前は真言宗の象頭山松尾寺金光院であり、神仏習合で象頭山金毘羅大権現と呼ばれていました。現在は神社本庁包括に属する別表神社、宗教法人金刀比羅本教の総本部。全国の金刀比羅神社・琴平神社・金比羅神社の総本宮でもあります。
こんぴらさんと言えば、海上安全をはじめ、国の繁栄や農漁業、医療など、さまざまな願いを叶えてくれる神社として広く親しまれていますが、神紋が「金に〇」というところから、金運や商売繁盛のパワースポットとしても注目されており、全国から年間300万人もの参拝客が訪れています。
この香川県屈指のパワースポットでJNAS会員の皆様の御多幸と高額当選を願い、金刀比羅宮への初詣を実施致しました。
金刀比羅宮(ことひらぐう)参拝

金刀比羅宮(ことひらぐう)参道

2018年1月5日大安吉日、新年の初詣をお粉りました。当日の天気は午前中こそ小雨が降っていましたが、参拝を開始するころには雨も上がり、晴れ間がのぞいてくる天気でした。それではこんぴらさん参拝を開始!まずはこんぴらさんの参道「石段」を登っていきます!

金刀比羅宮18_01

金刀比羅宮18_02

金刀比羅宮18_03

金刀比羅宮18_04

金刀比羅宮18_05

金刀比羅宮18_06

金刀比羅宮18_07

金刀比羅宮18_08

PageTop

金刀比羅宮(ことひらぐう)境内

階段を上って365段目にあるのが大門。その大門をくぐるとそこからが金毘羅さんの境内です。
境内では大門をくぐってすぐのところに境内での商いを特別に許された五人百姓が名物の飴を売っています。
境内では多数の歴史的建造物を見学しながらひたすら階段を上り、628段で旭社に到達します。一般的に金毘羅さん本宮までの階段は785段と言われていますが、実は786段あります。しかし、「なやむ」というゴロの悪さもあり、闇峠(手水舎の手前)で唯一となる一段下がる階段があります。ここで一段下がることにより、本宮までの段数を785段にしたと言われています。

金刀比羅宮18_09

金刀比羅宮18_10

金刀比羅宮18_11

金刀比羅宮18_12

金刀比羅宮18_13

金刀比羅宮18_14

金刀比羅宮18_15

金刀比羅宮18_16

金刀比羅宮18_17

金刀比羅宮18_18

金刀比羅宮18_19

金刀比羅宮18_20

金刀比羅宮18_21

金刀比羅宮18_22

金刀比羅宮18_23

金刀比羅宮18_24

金刀比羅宮18_25

金刀比羅宮18_26

金刀比羅宮18_27

金刀比羅宮18_28

金刀比羅宮18_29

金刀比羅宮18_30

金刀比羅宮18_31

金刀比羅宮18_32

PageTop

金刀比羅宮(ことひらぐう)御本宮

御本宮手前の急な階段を登り終えるとちょうど785段。たどりついた先が金刀比羅宮の御本宮です。
海抜251メートル。本宮の御祭神は、大物主神と崇徳天皇です。農業・殖産・医薬・海上守護の神として古来からの御神徳を仰がれています。
参拝方法は「二拝二拍手一拝」です。

金刀比羅宮18_33

金刀比羅宮18_34

金刀比羅宮18_35

金刀比羅宮18_36

金刀比羅宮18_40

金刀比羅宮18_41

金刀比羅宮18_42

金刀比羅宮18_43

金刀比羅宮18_38

金刀比羅宮18_39

PageTop

旭社(重要文化財)

金刀比羅宮の旭社は総欅材、2層入母屋造銅瓦葺きで、1837(天保8)年に建てられた重要文化財です。天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)や伊邪那岐神(いざなぎのかみ)、伊邪那美神(いざなみのかみ)、八百萬神(やおよろずのかみ)、高皇産霊神(たかみむすびのかみ)、神皇産霊神(かみむすびのかみ)、天津神(あまつかみ)、国津神(くにつかみ)など9神が祀られています。

金刀比羅宮18_24

金刀比羅宮18_44

金刀比羅宮18_45

金刀比羅宮18_46

PageTop

こんぴら狗 (狛犬)

2018年は戌年という事で、こんぴら狗にも注目が集まっています。
こんぴら狗とは、江戸時代、江戸から四国への旅行には、相当なお金が掛かり、お参りに行けない人が愛犬にお参りを託していたそうです。その際、「こんぴら参り」の袋を首に巻き、袋の中には、初穂料と道中の餌代を入れたそうです。
この初穂料と餌代が盗まれることなく無事にこんぴら参りを果たし、江戸に帰ってきたということです。

金刀比羅宮18_47

金刀比羅宮18_48

金刀比羅宮18_49

「幸運を呼び込むために」に戻る

PageTop

Copyright © 2000- JNAS Co., LTD. All Rights Reserved.